全く上達しない職人の戯れ言
*
ホーム > エリア > トレードをする

トレードをする

実際にノートパソコンのディスプレイの前で、止まることなく動いている市場を見てしまうと、何やらトレードをするという感情に追い立てられる人も少なくないと思います。

 

だけど、あやふやな思いつきでトレードすることは絶対に避けてほしい。

 

事実、為替相場は終日常にどこかで為替相場がオープンしているしマーケットも休みなく変化しています。

 

しかし、闇雲に売買を重ねているとその回数だけマイナスになるリスクが高くなってしまいます。

 

もちろん、エントリーの数を積む事で儲けられる確率が半々になっていくのは事実です。

 

しかしそれは「なんとなく勘で取引」とは話が違います。

 

売買回数を積み重ねる意味というのは、自分が「ここで勝負」と考えるチャンスを得た状態での取引回数を重ねるという事を言っています。

 

ただ何となく、ひっきりなしに売り買いをするのとは全く異なります。

 

外国為替相場の駆け引きに立ち向かうためには、自ら主体的にけじめをつけることこそが肝心です。

 

「ここだ!」と思い至った相場の時にはいっそ保持ポジションを増やして、思い切り儲けを求めます。

 

「何となく分かりにくい為替相場でどう推移するのか理解できないな」と感じた時はいっそのこと所有ポジションを見切りをつけて静観します。

 

これくらいのけじめをつけた方が、最終的には注文はうまくいくものだ。

 

外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

 

まったく言葉どおりだと思います。

 

相場とはいかなる時でも売買ポジションを所持する事が大切ではなくどのポジションも所有せず静観していることも取引です。

 

では、どういった時に、休むといいのでしょうか。

 

最初に言われるのが先述の通り、現在の外国為替相場が明確によく見えない時。

 

今後高くなるのか安くなるのか見通せない時は思いつきで行動すると、自身の考えたストーリーとは逆方向に市場が動いてしまい損する事になってしまいます。

 

だから、こういう状況ではポジションを0にして、何もしないで静観しているのがいいでしょう。

 

次に、あなたの健康状態が思わしくない時です。

 

体の調子とマーケットに何の影響も与えないと感じる人もいるだろうが。

 

実際には案外関係あります。

 

コンディションがすぐれなければ為替相場のミスできない場面で、正確な決定が難しくなります。

 

気分が乗らない時は、FXから離れてみるのも重要な事です。