全く上達しない職人の戯れ言
*
ホーム > 注目 > 買い付け価格をコントロール

買い付け価格をコントロール

通常の初心者用の外国為替証拠金取引の教科書では「損が生まれたケースではナンピンで、全体の平均の買い付け価格をコントロールする」等と記述されていると思いますが実際はここには相当の引っ掛けがあります。

ナンピン買いの原理に関して簡単に記述しておきます。

 

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。

 

$買いですから円安に動くほど黒字を得られますが、反対に95円までドル安が進んだとします。

 

その状態でポジションを所有し続けたら、マイナスをなくすためには、損した分円安ドル高に動かなければなりません。

 

投資家であれば、マイナスは出来るだけ早くリカバリしたいと考えるでしょう。

 

この状況を変えるため最初にエントリーしたのと同額の$(ドル)を、1ドル=95円で買います。

 

それによって、ポジション全体の平均の買い付け単価は1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。

 

これで、2.50円の幅で円安ドル高が進めば、マイナスを回復できる。

この流れがナンピンの原理です。

 

ナンピン買いのロジックを目にすると、「ごもっとも」と考えたりするが、簡単には思うようにはいきません。

 

そもそも、1ドル=95円が下限だとということなど、誰一人として分かりません。

 

仮定として、外国為替市場がかなり強いドル安地合であれば、1ドル=95円では収まらず、さらに円高ドル安が加速する確率が高くなります。

 

97.50円でナンピン買いをして、95円まで円高ドル安になったとしたらナンピンした分にもマイナスが生まれることになってしまいます。

 

そういう状況では一番初めにエントリーしたドルと合わさって、2倍の損失を被ります。

 

それほど、ナンピン買いは難しいのだ。

 

それでは、市場が自身の物語とは別の方向にみるみる進んだ場合どのようなやり方で危機の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

 

そこで選ぶべき対策は2つ。

 

ひとつめはあきらめて、損切りをする事です。

 

ふたつめは、所有しているポジションを縮小することによって、もう一回為替が元のようになるのを動かないで待ち望むことです。

 

相当消極的な対策だとみる投資家もいます。

 

だがしかし、所有しているポジションにマイナスが生まれた時、最も正しい手段はこの2つ以外には期待できない。

 

言うまでも無く、ロジックとしてはナンピン買いという対策もあるように思える。

 

だがしかしナンピンは自分自身が損失を出している場面で買いポジションを減少させるどころか、ポジションを重ねていく手段です。

 

この手法では、危険性を避けることなど到底可能ではないと考えたほうがいいです。

 

ナンピン買いをし続けられればいつかは勝てるかもしれません。

 

でも、そうなる先に資金がマイナスになってしまいます。

 


関連記事

腹筋のしすぎで、筋肉痛です
食事メニューとスポーツによるダイエット法というのが、確実にスリムになる必須条件で...
ちょっとおしゃれなBARでナンパされました。
上着は茶色でチェックのエルボー・パッチのジャケットを着ていました。 中には落ち着...
買い付け価格をコントロール
通常の初心者用の外国為替証拠金取引の教科書では「損が生まれたケースではナンピンで...